カテゴリー別アーカイブ: アーチェリー

アーチェリー用ターゲットスタンドの自作(試作品)

お世話になっています。吉野です!
 
以前から、アーチェリーやクロスボウで使うターゲットを置く台を作ってみようと考えていました。
 
 
どのようなものがいいか分からず、漠然としたイメージしかありません。
 
とにかくアーチェリー用のものを1つ作ってみようという事で、日曜日の早朝、家にあった古い木を使って作ってみました。
 
 
試しでの作成という事もあって、作成中の写真などは用意していません。
※半年ほど前に作ったものです
 
完成後、強度や運び心地などをみるため、実際に射撃する場所の1つに運んで…
 
さらに…
 
yphot_2015_03_01
コンパウンドクロスボウ(MK-300)のドットサイト(ダットサイト)の調整もするつもりでいました。
 
●ManKung社製 175ポンドコンパウンド ブラック(ADFS)
 
 
サイトの調整は重要で、威力のあるクロスボウ(ボウガン)はある程度調節できるまでは慎重に行ってください。
 
数発で調節できるようなものではなく、多くは何十発も撃つ必要がでてきます。
 
「サイトの調整をお願いします」という方もいらっしゃいますが、
弊社で調節したとしても輸送中にずれるので意味がありません。
 
輸送中のずれを考えないとしても、調節には時間もかかりますのでお受けできません (>_<)   周りに十分注意をして、楽しみながら調節ができるといいですね。     yphot_2015_03_02
以前、ピストルクロスボウを実射してみた時の場所と同じです。
 
●社員がピストルクロスボウで遊んで(実射して)みた(記事)
 
 
yphot_2015_03_03
このような簡単なスタンドです。
 
単純に作っているだけでは強度が足りなくなる可能性があります。
 
強度はターゲットのスタンドとして耐えられるかどうかという事もあります。
しかしそれよりも、持ち運びの段階で壊れないかどうかの方が重要かもしれません (ーー;)
 
 
yphot_2015_03_04
古くて軽い布団を奥側に設置できるようにしています。まだまだ改良が必要です。
 
 
距離にもよりますが、フルサイズクロスボウの威力があると矢がターゲットを突き抜けてしまいます。
 
この土地はある程度の広さがあり、住宅もなく、通行人もまったくいませんのでコンパウンドクロスボウで撃ったらどのくらいになるかテストしてみました。
 
 
yphot_2015_03_05
あまり遠くない距離(20メートルほど)です。
 
 
yphot_2015_03_06
この写真の位置よりもさらに5メートルほど後ろから撃ちました。
 
 
 
結果は…
 
 
 
yphot_2015_03_07
予想通り、ベインまで突き抜けてしまいました。
 
このくらい強いものです。
それぞれの安全な射撃環境で、ターゲットも考えながら楽しんでください。
 
安全はもちろんの事、「ベイン」も悪くなってしまいますので注意してください (・_・;)
 
 
yphot_2015_03_08
このくらい刺さっています。
 
 
元々使用する予定だった、アーチェリーCB010(コンパウンドボウ 25ポンド ブラック)を使用した場合は問題ありませんでした。
 
その場合でも、ある程度上達していないと、ターゲットをはずしてしまう可能性があります。
ターゲットの後ろ側に畳など大きい物を置くと安全度が上がり、また矢の回収も楽になります。
 
 
今回写真で紹介したクロスボウ「MK-300 ManKung社製 175ポンドコンパウンド ブラック(ADFS)」。
これには「ADFS」という「空撃ち防止スイッチ」がついています。(アンチドライファイヤスイッチ)。
 
アーチェリーもクロスボウも空撃ちは故障の原因となります。
ピストルクロスボウでも空撃ちをすると、一発で弦が切れたりしますので注意が必要です。
 
矢を装着せずに発射行為を行うのを防止するために、MK-300などにはADFSがついています。
 
 
yphot_2015_03_10
 
このような装置があってもなくても、空撃ちや、事実上の空撃ち状態を避けるようにお願いします。
※事実上の空撃ち状態とは、矢の装着はしているが、装着位置が前すぎる場合
 
たとえば冷蔵庫を買ってコンセントを入れれば、あとは勝手に冷やしてくれる…
というような商品ではありません。
 
安全に十分に注意をして、自身で工夫をしながら楽しんでいただけましたらと思います。
 
 
 
この記事に関係ある商品ページへのリンクを以下にまとめました。
 
●ManKung社製 175ポンドコンパウンド ブラック(ADFS)
 
●ManKung社製 175ポンドコンパウンド カモ(ADFS)
 
●ManKung社製 アーチェリーCB010 コンパウンドボウ 25ポンド ブラック
 
●フォームターゲットブラック 60×60 100mm
 
●フォームターゲットセット60×60 48mm
 
●体験や練習用に向いている威力の低いアーチェリーはこちらです
 

社員がコンパウンドアーチェリーで遊んで(実射して)みた

お世話になっています。吉野です!
 
今回は入門用のアーチェリーを撃ってみました (^^)
 
 
使用したアーチェリーは…
 
 
yphot_2015_04_01
 
ManKung社製 アーチェリーCB010 コンパウンドボウ 25ポンド ブラック
 
カラー違いのAカモもあります。
ManKung社製 アーチェリーCB010AC コンパウンドボウ 25ポンド Aカモ
 
ドローウェイトが25ポンド(約11kg)で、コンパウンドという事もあって、女性でもほとんどの方が引けるくらいだと思います。
 
最初から付属しているフィンガータブとアームガードはお子様サイズですので、男性など腕が太い方などは別途ご購入されるといいでしょう。
 
フィンガータブ アダルト(大)
アーチェリー用 アームガード
 
わたしの場合にはアームガードのマジックテープがきつくてはずれる場合があるので、ゴムで固定するように自身で変更しました。
 
 
安全が確認できる、周りに人がいない広い場所で遊びます。
 
yphot_2015_04_02
我が家関係の土地で田んぼです。休耕しているので思いっきり使え、斜面もあるので安心です。
 
 
yphot_2015_04_03
狙う距離は15メートルから20メートルにしました。最初はもっと短い距離から練習した方がいいかもしれません。
 
 
yphot_2015_04_04
そもそも「的」に当たらないと面白くなくなるという事もあり、無理をしない距離からはじめましょう。
※楽しむためにも安全に配慮してください
 
 
yphot_2015_04_05
的に当たりました。慣れるまではまったく的に当たらない可能性もあります (^_^;)
 
 
斜面があれば…
 
yphot_2015_04_06
もしもはずれても安心。矢を探しに行く手間も減ります。
 
約15メートルの距離から撃って、厚さ48mmのターゲットに矢がどのくらい刺さったかというと…
 
yphot_2015_04_07
このくらい刺さりました。
 
矢はきちんと真っ直ぐに抜き、矢に曲がりや損傷がないか確認しましょう。
 
 
yphot_2015_04_08
少しずつ慣れていきます。距離の違いで矢の刺さり方が違うのも面白いです。
 
パワーが強すぎないので気軽に楽しめますね。
 
 
この場所では、クロスボウを撃つこともあります。
 
yphot_2015_04_09
この写真のあと倍くらいの距離をとる事ができます。移動が大変ですけど (@_@;)
 
 
 
このような場所(山手)の注意点をいくつか書いてみます。
 
・滑車部分などに土がつかないように気を付け、よく埃などを落とす
・広い場所には木がないので、暑い日は特に熱中症に気を付ける
・天気が下り坂になった場合には落雷に気を付ける
・野生動物、草、ダニに気を付ける
 
折角の休日。無理をして何かあったら大変です。
今後も長く楽しめるようにできたらいいですね。
 
今回紹介したものも、わたしの趣味で会社から買ったもので、完全に個人所有のものです。
 
強いものは広く安全な場所が必要になりますので、まずは軽く楽しめるものをお勧めします (*^^*)