警棒の様々な種類について

 護身用品として有効な警棒。警察官や警備業に就いている方が持っているというイメージが強く、また主に刑事もののドラマや映画の小道具でも使用されることが多いです。また、ポリスグッズが好きな人からは、その憧れとして様々な種類の警棒をコレクションしている方もいます。世の中にある警棒は様々な種類があり、当店で取り扱っている警棒でも200点近くに上ります。警棒の種類は、シャフトやグリップの素材の違い、形状の違い、サイズの違い、振り出し方式(ロック方法)の違いなど様々な要素で分類できます。

 その中でも今回は、ロックの違い、サイズの違い、形状の違いについて紹介をしていこうと思います。

ロックの違い

 警棒のロックの方法は主に3種類あります。

フリクションロック式(摩擦ロック式)
オートロック式(ロックピン式、ボタン式、etc…)
ジャンプ式(飛び出し式)

フリクションロック式について

 フリクションロック式は警棒を振り出してシャフトを伸ばし、硬い地面などに叩きつけて収納をするタイプです。警棒と言えば、このタイプを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

 収納時と伸ばしている時は一見ただの金属の棒ですが、振り出すときに、相応の腕の力やスナップを使いますので、相手に見せつけるように振り出すことで、かなり威嚇効果があり、ひるませることができると思います。ただ、振出には多少のコツが必要となります。

 振り出した際の摩擦でロックをかけているので、振り出しが甘いとロックのかかりが弱くなり、使用中に縮むことも考えられます。また、収納時も地面に叩きつける必要があるので、こちらもコツが必要です。初めて使用する方はある程度の練習が必要かと思います。

オートロック式について

 当店で取り扱いのあるフリクションロック式の以外の警棒は、ほぼすべてこのタイプだと思ってもよいと思います。振り出しさずに、手動でカチッと止まるまで手で伸ばします。オートロック式にも様々なロック方法があります。

ロックピン式


 ロックピン式は、シャフトの先端を持って伸ばすことでシャフトの節事にロックピンによってロックがかかり、収納時にはそのピン部分を押すことで縮めることが可能です。

ボタン式


 ボタン式は、シャフトの先端を持ってシャフトを伸ばし、収納時にはグリップエンド部分にあるボタンを押しながら、シャフト先端を手のひらで軽く押して収納するタイプです。比較的簡単にシャフトの出し入れを行うことができます。

 オートロック式の警棒ほぼすべてに言えることは、振り出してシャフトを出さないので、場所を取らない、出し入れが簡単で手間がかからないなどの特長がある一方、フリクションロック式と違って、摩擦でロックをかけているわけではないので、シャフト間の締まりに余裕があり、少しがたつくことがあります。
※オートロック式の警棒は、振り出したり、叩きつけて収納をしようとすると構造上故障の原因になることが多いです。警棒事に注意書きが付属していることがあるのでよくお読みください

ジャンプ式について

 シャフトを伸ばすときに、グリップ部分にあるボタンなどを押すことによって一気にシャフトを伸ばすことが出来る警棒です。本当に勢い良く伸びるので、間違えてシャフト側を自分に向けないようにすることが大切です。勢いの良さから、相手をけん制する力は高いと言えます。収納時には地面に叩きつけて収納をします。

サイズの違い

警棒にはそれぞれサイズがありますが、主に、「16インチ、21インチ、26インチ、31インチ」があります。16インチより短いサイズだと小型警棒に分類されます。使用する環境にや想定よって適するサイズが異なってきます。

小型警棒

12インチ相当のサイズがほとんど、非常に携帯に優れているサイズです。収納時には一般的なボールペンと同じ長さぐらいになるものが多く、重さもそこまでありません。ただ、警棒が短いので当然相手との距離は近くなり、また威嚇効果も低くなります。護身、警備、警護等の専門職を経験されたことがある方にもおすすめです。

16インチ~ (約40cm~)

携帯性が良いだけでなく、振り回しづらい屋内での使用に優れています。使用する環境が屋内なのであれば、このくらいのサイズを選ぶのが良いかと思います。

21インチ~ (約53cm~)

屋外・屋内の使用どちらにも向いている一般的なサイズです。日本人の一般的な男性が使用しやすいサイズとも言われています。警備員の方などもこのくらいのサイズを使用しており、威嚇効果も十分期待のできる扱いやすいサイズです。

26インチ~ (約66cm~)

体が大きめな方におすすめのサイズです。長く重いので威嚇効果はありますが、、長めにはなるので相応の練習や訓練で扱い方を慣れる必要があります。

31インチ~ (約79cm~)

かなりの長さがあるので間合いと威嚇効果は抜群ですが、当店スタッフも本当に長く感じるので、体格によっては両手で持たないと取り扱いが難しいかと思います。

形状の違い

 警棒の形は、端的に表現すると一本の金属の棒ですがその形状は、シャフトの形、持ち手部分、グリップエンドなどの違いで、様々な種類があります。

シャフトの違い
 フリクションロック警棒とオートロック警棒には、シャフトに違いがみられるものがあります。
 オートロック式の警棒は、シャフトの先端を持って引き出すことが多いので、持ちやすいように大きく作られていることがほとんどです。

持ち手部分
 持ち手部分に「鍔」が付いている警棒があります。一見ただ付いているだけと思うかもしれませんが、この鍔があることで相手が刃物を持っていた時に刃物から手を守ることが出来たり、警棒が奪われてしまうのを防ぐ効果が期待できます。

グリップエンド
 警棒のグリップエンドには、最初からガラス割りやLEDライトの機能がついたものもありますが、例えばホワイトウルフ4140カスタムスチール ラバーグリップ警棒の様に、グリップエンドを取り外せるものもあり、ガラス割りの機能が付いたものや、紐などのストラップが付いたもの、LEDライト付きのグリップエンドに付け替えることもできる警棒もあり、自分でカスタマイズすることができます。

まとめ

  警棒の種類は、シャフトやグリップの素材の違い、形状の違い、サイズの違い、ロック方法の違いなど様々な要素で分類できます。ロック方法には「フリクションロック式、手動オートロック式、ジャンプ式」があります。サイズは主に「小型警棒、16インチ、21インチ、26インチ、31インチ」があります。警棒の形は「シャフト、持ち手部分、グリップエンド」などで違ってきます。このように、警棒には様々な種類がありますので、自分がどのような理由で、どのような状況を想定するかで選ぶ必要があります。興味があるけど選び方が分からないといったお悩みは、専門知識を持った経験豊富なスタッフのいる当店に是非お問合せ、ご相談ください。

トップページに戻るトップページに戻る

関連記事

感染症から守るノータッチマルチツール/3つ指ホールドで圧倒的な安定感

ホワイトウルフのロゴを冠したノータッチマルチツール「匠」は、コロナ・インフルエンザ・風邪等の感染症対策のノータッチツール初の3本指タイプで、ホールド感と使い勝手が飛躍的に向上しました。
形状、素材、フィット感、バランス、デザインの全てに老舗の熟練の職人のこだわりが詰まったオンリーワンの純国産品です。

目次

・圧倒的な安定感と質感
・日常の様々な場面を完璧にサポート
・使用方法がとっても簡単
・職人の匠の技
・商品紹介

圧倒的な安定感と質感

市中感染防止のノータッチツールにおいて、世界初*の3つ指ホールドを採用し、類を見ない圧倒的な安定感を実現しました。
(*2020年10月時点、当社調べによる)

何度も試作を繰り返し、精巧に作りこまれた指穴は、初めて指を入れた瞬間から、体の一部のようにしっくり馴染みます。

個性的なデザインには、様々な生活シーンに対応するための機能が凝縮されています。

素材の錫合金は、ひとつ上の生活用品として、タンブラーなどで多く使用されており、その適度な重さは、ハードタッチからソフトタッチまで、
絶妙なホールドバランスを実現しています。

表面のメッキに使用しているロジュームは、金や銀と同じ貴金属の一種で、高級感のある上品な銀白色の光沢が特徴です。

日常の様々な場面を完璧にサポート

ノータッチマルチツール「匠」のこだわり抜いた形状と安定感は、様々なシーンで感染症の市中感染リスクから守ります。
ロジュームメッキは、耐食性があり、市販の消毒薬(アルコールや次亜塩素酸ナトリウム系)も安心してお使い頂けます。



※マスク掛け・小物掛けは、テーブルの材質、形状、荷物の重量によってはご使用いただけない場合もあります。

その他、買い物かごなど、様々な用途にノータッチで使用頂けます。

職人の匠の技

究極のノータッチツール「匠」を作り上げたのは、1973年創業の金型の老舗、東京足立区の坂本技研製作所の坂本剛さんを中心とした熟練の職人の方々です。

感染症リスク対策が日常となった現在、直接触りたくない、でも触らないわけにはいかないといった、新しい日常をサポートするため、様々なアイデアと意見を元に、設計と試作を何度も重ね開発した匠の技と想いが詰まったオンリーワンの商品です。



長くお使いいただくために、汚れが気になる時は、薄めた中性洗剤で洗い、よくすすいでから柔らかい布で水気を取り自然乾燥して頂くことをお薦めします。

商品紹介

ホワイトウルフ ノータッチマルチツール「匠」 3つ指タイプ

・3本指タイプの多機能ノータッチツール
・純国産品
・錫合金、ロジュームメッキ
・縦横サイズ(最長部) 約7.3㎝ × 8.7㎝
・厚さ 約4㎜
・指穴直径 約2.1㎝
・約75g

商品ページはコチラ

トップページに戻るトップページに戻る

スタンガンとは

 スタンガンとは、電源に乾電池や充電池を使用しており、内蔵している電源回路で高電圧を発生させ、電極部分から放電光や放電音を発生させる護身用品です。
 基本的に、暴漢などの相手に対して距離が少し離れた状態から、放電光や放電音を相手に見せることで威嚇して怯ませ、相手から逃げる隙を作る為に使用します。

目次

・スタンガンの威力
・スタンガンの安全性
・スタンガンのタイプ
・威力別のメリットとデメリット
・スタンガンを正しく使用するために

スタンガンの威力

 スタンガンの威力は様々で、スタンガン本体や商品名等に電圧(ボルト数(V))が表記されている物もあります。その為、表記されている電圧が高いほど威力も高いと勘違いする人がいますが、実際は違います。
 スタンガンの威力は電圧(V)と電流(A)によって決まるため、電圧と電流、どちらか片方の表記だけではスタンガンの威力は判断できません。そして、電流値はメーカーからの公表がないため正確な数値はわからず、またスタンガンの機種によって多少のバラつきはあると思いますが、スタンガンの放電を直接当てた際の効果から鑑みても数mA(ミリアンペア)程度と思われます。
 
 下記の動画を見てもらえば分かりやすいと思いますが、メーカー表記電圧20万ボルトのスタンガンよりも放電の威力が高い、メーカー表記電圧8万ボルトのスタンガンも存在します。電圧表記だけでスタンガンの威力を判断しないようにしましょう。

メーカー表記電圧20万ボルトのスタンガン


●youtubeの動画ページへ

メーカー表記電圧8万ボルトのスタンガン


●youtubeの動画ページへ
 

 弊社では、実際にスタンガンの放電テストを行い、スタンガンの威力を「大」「中」「小」の3段階で分類しています。スタンガンを威力で選びたい場合の参考にして下さい。
▶スタンガンを威力で選ぶならコチラ

スタンガンの安全性

 スタンガンは危ない物というイメージがあり、スタンガンの放電を直接当てたら、相手が気絶したり、死亡すると思っている人も中にはいます。
 しかし、スタンガンの電源として使用されているのは乾電池(充電式スタンガンの場合は充電池)なので、人が気絶や死亡するほどの威力はまず出せません。
 では放電を直接当てられたらどうなるのかと言いますと、まず放電を当てられた場所に痛みが走ります。そして、当てられる部位や当てられる人の体質によって左右されますが、放電を3~5秒程当て続ける事で、筋肉が収縮して行動不能になったり、怠さを感じたりひどい筋肉痛になった時のように動きづらくなる場合があると言われています。
 また、スタンガンの威力や電極を当てた場所等によっては、小さな火傷や水ぶくれが出来る可能性はありますが、2~3日で回復する程度で致命的な後遺症の心配は一切ありません。
 その為、スタンガンは非常に安全な護身用品と言えます。

スタンガンのタイプ

 スタンガンのタイプ(形状)は細かく分けると沢山ありますが、大きく分けると「ハンディータイプ」「バトンタイプ」「ライト一体型・その他」の3種類になります。

ハンディータイプ

 手の平~テレビのリモコンサイズのスタンガンで、一般的に携帯にも優れ、取り出しやすさや、収納でかさばらないという利点があります。

バトンタイプ

 警棒タイプと表記される事もある棒状のスタンガンです。ハンディータイプと比べリーチが長い為、相手との距離をある程度保ったまま使用できます。小売店や事務所、家の玄関等に常備する場合に向いています。

ライト一体型・その他

 懐中電灯型や盾型、杖型など、スタンガンらしくない形状のスタンガンです。
▶スタンガンをタイプで選ぶならコチラ

威力別のメリットとデメリット

 スタンガンの威力は様々ですが、威力ごとにメリットやデメリットは異なります。

威力大のスタンガン

メリット
・通電時の効果が高い(威力が高い)
・威嚇放電だけで充分な効果を発揮できる
デメリット
・電池の消耗が激しい
・本体が大きく、使用電池がたくさん必要な物が多い

威力中のスタンガン

メリット
・値段が安価で電池の持ちも比較的良い
・バランスが良い
デメリット
・通電時の効果が比較的低い
・放電光も弱い(威嚇効果)

威力小のスタンガン

メリット
・電池の消耗が少ない
・安価でコンパクトな物が多い
デメリット
・通電時の効果が比較的低い
・放電光も弱い(威嚇効果)
 とにかく威力が高いスタンガンを求める人もいますが、実はスタンガンで犯罪を未然に防げた方の話を聞くと、多くは実際には相手にスタンガンの放電を接触させていません。
 逃げるためはもちろん痴漢撃退など、用途にも応じて威力だけを求める必要はない場合もある為、自身の都合に合わせた威力のスタンガンを選択された方が良いといえます。
▶スタンガンを威力で選ぶならコチラ

スタンガンを正しく使用するために

 スタンガンは、基本的に対衝撃性能や防水性能は無いため、強い衝撃を与えたり、水没などで内部の電気回路等が濡れると故障の原因になります。
 その他に、スタンガンの機種によって動作方法等が異なる為、スタンガンを購入した際は、付属の説明書をしっかりと読んでから使用するようにしましょう。

トップページに戻るトップページに戻る

関連記事

催涙スプレー(防犯スプレー)とは

催涙スプレーとは

催涙スプレーは防犯スプレーとも言われ、かけられた相手は強烈な痛さで涙が止まらない状態や
液状のものが蒸発することでむせてしまう状態へ持ち込むことができる護身用品です。
警棒の様に、力が必要無く使用でき、スタンガンより持つことに抵抗が少ない女性でも持ちやすい護身用品になります。

ガスの種類は

2つの種類があり、以前はCN(クロロアセトフェノン)ガスとOC(オレオレシン・カプシカム)ガスをどちらも取り扱っていました。
CNガスに商品不良や仕入先がなくなったことにより、OCガスのみの取り扱いになっております。
2つの特徴を以下にご説明します。

CN(クロロアセトフェノン)ガス

皮膚に付着するだけで火傷のような痛みが生じ、ひどい場合は炎症になることもあるそうです。
但し、弱点として薬物中毒者や泥酔者などには効果が薄いことがあるそうです。

OC(オレオレシン・カプシカム)ガス

唐辛子成分で作られたガスです。目に入ることで効果絶大ですが、目に入らなくても顔付近の皮膚の弱い部分にかかることでも効果に期待できます。
CNガスとは異なり、薬物中毒者や泥酔者などにも効果が出るそうです。
また、後遺症や失明などの心配がないことも護身用品として優秀なところです。

使用方法

スプレーと聞いて、やってしまいがちな使用方法は、人差し指を使って噴射することです。
正しくは、親指で思いっきり押し込むことです。
催涙スプレーによりますが、ストッパーがあるものは解除してからボタンを押し込む流れになります。

使い切り

催涙スプレー全般、使い切りの護身用品となります。
初めて使用する人がやりがちなことは、
どんなものなのか試したい気持ちがあることで
中途半端に噴射ボタンを押したり、下に向けて発射などしますと、
ガスだけ抜けたりしますので、まともな発射が出来ない可能性があります。
また、少し噴射して、後日使用使用する場合、ノズルが詰まることがあります。
以上のことをしてしまうと正常に動作しないことがありますので、お控えください。

どのような噴射なのかを試すには

どの様に噴射されるかを試せる練習用があります。
本物の催涙スプレーと似せて作ったものです。
中身は水と油を混ぜたものですので、安心してご利用できます。

練習用催涙スプレーについて

ホワイトウルフのトルネードシリーズで、練習用催涙スプレーをご用意しました。
お客様のご要望から、練習用を販売することとなりました。
いきなり本番で使用する不安がある方は、是非練習用を使用してシミュレーションしてみてください。
※練習用催涙スプレーを見る

使用期限は

一般的なスプレー缶と同様に、約2年間になります。
2年間過ぎても使える場合はありますが、身を護るための護身用品ですので、2年過ぎる前には交換しておきたいものです。

まとめ

催涙スプレーについて、色々説明しましたが、要点は下記になります。
せっかく所持するなら、いざというときに使用できるようになっていたいですね!
・使い切り
・噴射させるときは親指を使う
・使用期限は約2年間
・練習用催涙スプレーがある


トップページに戻るトップページに戻る

関連記事

ボディーガードがオススメする防犯グッズ

代表的な防犯グッズ

防犯グッズと言いましても、色々思いつくかと思いますが
そのたくさんある中でも、当店がオススメする3つ防犯グッズをご紹介いたします。

防犯ブザー

世間一般には、通学時に子供が持っているイメージが強いですね。
もちろん大人の女性もご使用されています。
扱う目的としては、周りの人に自分が危険になっていることを知らせることです。
つまり、周りに人がいないところに行かないことがポイントになります!
持っているから安心して、一人になるようなところに行かないように気を付けましょう。
■使用するにあたって
いつでも使用できるところに携帯しておくことが理想です。
また、バッグに見えるようにしていると、防犯ブザーを持っていることを相手に知らせて、犯罪の抑止力にもなることも!
また、使用する前に一度使用する時のシミュレーションをしましょう。
いきなり本番はなかなかできないものですので、是非試すことをおすすめします。

侵入防止アラーム

令和に入っても、窓からの侵入が多いということをご存じでしょうか。
侵入者は、窓が狙いやすいようでして、侵入口として6割以上も窓から侵入した犯罪が実際に起きております。
空き巣、忍び込み、居空きに少しでも不安を感じるのであれば、手軽に設置できる侵入防止アラームがおすすめです。
空き巣の場合は、家を留守中にしているので、モノを取られてしまうだけで済みますが、忍び込みや居空きについては在宅中に侵入するので、身に危険が及ぶ可能性があります。
なるべく侵入しないようにするために、セコムやアルソックなどが理想かもしれませんが、費用などの問題で導入が難しい場合は、手ごろ&手軽に設置できる侵入防止アラームを検討して頂けましたらと思います。

ダミーカメラ

一見すると、防犯カメラに見えるダミーカメラです。
実際に本格的な防犯カメラを設置しようとすると
結構、高額になったり、配線が大変だったりと色々ハードルがあります。
しかし、ダミーカメラは、お手頃で面倒な配線はありません。
いきなり本格的な導入に抵抗がある方は
まずはダミーカメラから始めてみてはいかがでしょうか。

護身用品の必要性

家にいる家族や車を守るため、犯罪の抑止力になる防犯カメラや
何かあった時に駆けつけてくれるようなアルソックやセコムなどのホームセキュリティーです。
お金に余裕のある方は、是非ホームセキュリティー会社にお願いすることが一番かと思います。

しかし、事件に巻き込まれることは自宅だけでは限りません。
外出中、もし出くわしてしまったとき、自分の身は自分で守るしかないのです。
相手を撃退までする必要はありません。
その場から逃げ切れるくらいの時間稼ぎになればいいのです。
いざという時に役立つ「護身用品」も一緒に準備されることをおすすめします。

特殊警棒

通常時はグリップ部分の長さですが、いざ護身として使用する場合、
振り出すことにより、伸ばすことのできる警棒です。
警棒によっては、振り出して伸ばす以外にも、
警棒の先端をつまんで、引き伸ばす警棒や、ワンタッチで伸びる警棒などもあります。
伸ばすだけでも威圧感があり、防犯効果に期待できます。
相手がもし刃物などを持っていた場合は、ツバ付きの警棒が役立つでしょう。

スタンガン

世の中の人は、ほとんどスタンガンが怖いものと認識しております。
初めて、スタンガンの放電を見ると、たいていの方は驚き恐怖を感じます。
つまり、スタンガンでバチバチと威嚇するだけで、護身効果が期待できます。
それでも向かってきた相手に対して、硬直状態に持ち込める効果はありますが、
相手に近づくリスクを考えると、催涙スプレーを別途持っていると安心感は増します。

催涙スプレー

おそらく、3大護身用品のなかで最も効果がある護身用品かと思います。
顔付近にかけられると30分以上は、正常な状態には戻らないでしょう。
通常、水を使って洗い流すのですが、水がないところでかけられることになるかと思いますので、
相手としてはもがきながら耐え続けるしかない状況でしょう。
さらに、何をかけられたかわからない状態なので、パニック状態にもなるかと思います。
効果絶大の催涙スプレーは、親指を使って押し込むだけの単純な扱い方なので、
他の護身用品よりは、扱いやすい部分もメリットの1つです。

フラッシュライト

上記でご説明した3大護身用品にはありませんが、
当店ボディーガードは4つ目の護身用品としてフラッシュライトをオススメしております。
見た目はカッコイイLEDライトと思われがちですが、
実際に点灯すると通常のLEDライトよりも断然明るいです。
その明るさは、相手に向けることで目がくらみ、一時的に戦意喪失な状態へ持ち込めるくらいです。

身近に潜む危険に備えて

近年、ガス点検の作業員などに扮したり、様々な方法で
ご自宅が強盗のターゲットになる危険性があることが事実です。
防犯グッズではカバーできない部分を、今回ご紹介した護身用品で補うことも、是非ご検討ください。
但し、犯罪者を撃退しようとしてご使用すると大変危険なので、あくまでその場を回避するためにご利用ください。
ご自宅に置く分は、軽犯罪法の対象外ですので、もしもの時に備えてご自宅に置いてみてはいかがでしょうか。

トップページに戻るトップページに戻る

関連記事