夜道の防犯!女性に限らず対策が必要

夜道を歩く際、犯罪の被害に遭いやすいのは女性ですが、男性が全く被害に遭わないということはありません。
 
 人通りの少ない道を一人で歩いている人を狙う路上強盗では男性も女性も関係なく、また「おやじ狩り」という言葉があるように最初から男性をターゲットとした犯罪もあります。
 
 路上強盗は集団で犯行に及ぶことが多く、また発生時間帯は犯人の特徴を認識しにくい夜の10時頃から朝の4時頃までが約半数を占めてます。集団で暴行され最悪の場合命を奪われるケースもあるので、身の安全を守るためにも夜間暗くて人通りのない場所を歩くのは避けましょう。
 
 また酒に酔いつぶれ路上で寝てしまうと、あまりに無防備で狙われやすくなります。仕事終わりに一杯飲みたい人もいると思いますが、くれぐれも飲み過ぎには注意し、夜間は性別関係なく強盗やひったくりの被害に遭う可能性があると認識しましょう。
 
 路上強盗は逃走手段としてバイクを使用するケースが目立ってきています。バイクの集団が後ろをついてくるという時は、できるかぎり明るい道や人通りの多い道に避難しましょう。
 
 マンションの住人を狙い、入り口近くで待ち伏せをする路上強盗犯もいます。家に帰り着いて気が緩んだちょっとしたすきにつけこんで襲ってくることもありますので、自宅に帰り着いても周囲に不審な人物がいないか等、警戒を怠らないようにし、家の中に入り鍵を掛けるまでは油断しないようにしましょう。
 
 
 しかし仕事で帰宅時間が遅くなる、自宅周辺は人通りが少ない等、どうしても人通りが少ない夜道を歩くこととなる場合もあると思います。
 そんな時に役立つのは下記のようなフラッシュライトです。

 上画像の「WHITE WOLFタクティカルライトSX420 420ルーメン」は手の平サイズなので、昼間等の使用しない時はポケットやカバンにも楽に収納でき、仕事からの帰宅時や夜間のウォーキング、犬の散歩等、夜道を歩く際の懐中電灯として使用できます。
 
 フラッシュライトは通常の懐中電灯と比べると比較にならないくらいの明るい光を放つので、夜道で不審者に遭遇した際は、相手の目の周辺に明かりを当てて上下するだけで相手は目が眩み、すぐには追いかけてくることが出来なくなりますので、その隙に一目散に逃げましょう。
 
 催涙スプレーやスタンガンを持つのに抵抗がある人は1つ携帯しておくといいかもしれませんね!
 

関連記事