タグ別アーカイブ: 有効期限

催涙スプレーの使用期限と保管について

身を守る護身用品の中で、催涙スプレーは定番人気商品のひとつです。
ここでは、催涙スプレーの「使用期限」、「保管」について説明します。
催涙スプレーには使用期限の記載があるもの、記載がないものがあります。

使用期限の記載があるもの

使用期限表示例:その1

・強力(エリミネーター)催涙スプレー3/4オンス 米国製
・強力(エリミネーター)クイックドロー 1/2オンス

02_使用期限_01_x500

スプレートップのサイド部分に数字があります。
少し見づらいですが、上の写真では
「091719」という数字が入っています。
 
アメリカ製ですので、アメリカ式の表記になっています。
 
「月・日・年」
「09月17日19年」(091719)
 
「2019年9月17日」までがこの催涙スプレーの使用期限になります。

使用期限表示例:その2

・強力(エリミネーター)催涙スプレー2オンスフリップ 米国製
・強力(エリミネーター)催涙スプレー4オンスフリップ 米国製

03_使用期限_02_x500

「月・日・年」というアメリカ式表記ですので、
「01月20日20年」(012020)
 
「2020年1月20日」が使用期限という事になります。

その他の催涙スプレー

使用期限の記載自体がない催涙スプレーもあります。
その場合は「購入から2年間」を目安とするといいでしょう。
 
実際には、購入から3年以上経っても使えるものもあります。
逆に、保管状況などの影響で、記載されている使用期限に到達していなくても使えなくなる物もでてきます。
 
弊社のお客様の中には1年に1度、買い替えをされている方もいらっしゃいます。
ご自身や大切なご家族を守るために、お客様ご自身で1年毎の買い替えにされているようです。
毎年買い替える必要まではありませんが・・・
記載されている使用期限は、あくまでも使用期限であり、
使用、効果を保障するという数字でない事にご注意ください。

催涙スプレーの保管場所

催涙スプレーに限らず、スプレーの保管場所には注意が必要です。

すでにお分かりかと思いますが、スプレー缶は高温を避けなければいけません。

温度が40度以上になる可能性がある場所を避け…
なんていう注意書きを見かけたことがある方も多いでしょう。
 
たとえば、火気の近く、ヒーター、暖房機の近くや直射日光が当たる場所。
高温になる自動車内、倉庫などは避けてください。40度以上になる可能性が高いです。

このような場所ではガス、液が漏れやすくなり、最悪は破裂してしまう可能性もあります。

また、極端に気温が下がる場所も避けた方が無難です。
 
※温度が低いと催涙スプレーの使用に影響がでる可能性があります
※その他、お子様(子供)の手の届かないところに置かないでください。

使用期限と保管場所のまとめ

・催涙スプレーの買い替え時期:ご購入から1~2年を目安にする
・保管場所:お子様の手の届かない、高温にならない場所にする

使用期限の記載があってもなくても、1~2年ほどを目安に買い替えのご検討をしていただき、通常のスプレー商品(エアゾール製品)と同じように保管していただきましたらと思います。

その他

使用期限の記載方法など、こちらの記事を書いた時点のものです。
もしも表示方法などに違いがあって分からない場合にはお問い合わせください。

関連記事