催涙スプレーの噴射可能時間について


催涙スプレーを検討されている方は、
気になる点かと思える噴射可能時間についてです。
 
催涙スプレーの容量にたいして、
おおむね噴射可能時間が決まってきます。
また、催涙スプレーの噴射タイプによっても変わります。
 
噴霧タイプの場合、容量の約半分が噴射可能時間になります。
例えば、60mlですと約30秒。
液状タイプの場合、容量の約1/5が噴射可能時間になります。
例えば、60mlですと約12秒。
 
お問い合せの多い催涙スプレーでは
下記のようになります。
※あくまで目安です。

ホワイトウルフ

トルネード20 約4秒
トルネード40 約8秒
トルネード60 約12秒

エリミネーター

3/4オンス 約4秒
2オンス  約12秒
4オンス  約24秒
※商品名を押すことで商品詳細ページをご覧になれます
 
(補足事項)
1cc=1ml
1オンス=約30mlとして計算しております。

関連記事